2007年3月 5日

Vista対応版NetTune 1.6.0

Vista対応版のNetTune 1.6.0が作者様のサイトみーのホームページで公開されています。
MTUとAFDはこれで調整でき、RWinはVistaでは調整不要みたいですね。

あと、軽量なPPPoEクライアントソフトのRASPPPoEの公式サイトで残念な記述が。

「We are receiving many questions concerning Microsoft Vista® but due to built-in PPPoE driver in Vista® and major differences in the internal architecture a Version of RASPPPoE for Vista® would require a complete redesign. We apologize that currently there are no plans for a Vista® Version.」

今のところ、Vista対応バージョンの予定は無いみたいです・・・・・・。

2007年1月28日

Vistaのブロードバンド接続(PPPoE接続)で速度が出ないときの対策。

eo光ネット・ホームタイプやBフレッツ、フレッツ光プレミアムなどのPPPoE接続のインターネット回線でVistaのブロードバンド接続(PPPoE接続)を使って接続すると、速度測定サイトで速度がでないという症状が出たりします。これの対処方法のメモ。

1.ブロードバンドルータ接続で利用する。標準のPPPoE接続ソフトが遅いのが原因の場合は、これが一番手っ取り早い。
BUFFALO 有線BBルータ ハイエンドセキュリティモデル [BBR-4HG]
BUFFALO 有線BBルータ ハイエンドセキュリティモデル [BBR-4HG](AA)

MTUは、たとえば接続しているLANの名前が「ローカルエリア接続」でMTUを「1454」にしていときはコマンドプロンプトで「netsh interface ipv4 set interface interface="ローカル エリア接続" mtu=1454」と入力すれば、MTUが1454に変更されます。UAC(ユーザーアカウント制御)が有効な環境では、コマンドプロンプトを選択するときに右クリック→管理者として実行(A)...とすることで管理者権限が必要なコマンドも実行できます。
また、ブロードバンド接続(Vista標準のPPPoE接続)を調整する場合は、インターネットに接続した状態で「netsh interface ipv4 set interface interface="ブロードバンド接続" mtu=1454」とすれば調整可能です。
vista-netsh-mtu.jpg
でもめんどくさいので、バッチファイルにしてみました。
vistamtutune.zip
注意事項と取扱説明書
注意事項と取扱説明書をよく読んだ上で、自己責任でどうぞ。

2.Vistaに標準のブロードバンド接続以外のPPPoEクライアントソフトを使う・・・・・・現時点ではそんなソフトはないので無理。RASPPPoEとか対応版でてくれればいいのに。

3.驚速パソコン2007(AA)を買ってインストールする。
そして驚速パソコン2007(AA)にMTUとRWINなどインターネットの速度のための調整する機能があるのでこれで調整する。
なぜか「WindowsMediaPleyerの起動高速化」を有効にするとPPPoE接続の速度が上がりました。
外して再起動すると元に戻り、再び有効にすると速度が上がる。
動作しているプログラムをみてるとWindowsMediaPleyerがどうも裏で立ち上がっているようだったので、ためしに驚速パソコン2007(AA)を終了した状態で、WindowsMediaPleyerを立ち上げ、その状態で速度を計ると・・・。
vista-speedtest-wmp-on.jpg
なぜかブロードバンド接続でも速度が出るようになります。
何らかの作用をしているみたいですが、どういう動作になっているかはさっぱり不明。

とりあえず、手軽に簡単に速度を速くしたい人に驚速パソコン2007(AA)はオススメ。

驚速がどうしても嫌なら自分でNetTuneDrTCPがVistaに対応するまで待つか、自分で直接レジストリを調整した上で、ルータで接続するかブロードバンド接続のをつかう時はWindowsMediaPlayerを立ち上げておくかすればOK。

驚速パソコン 2007 (説明扉付スリムパッケージ版)
驚速パソコン 2007 (説明扉付スリムパッケージ版)(AA)