2006年4月21日

内蔵型Blu-ray Discドライブ

panasonic_blu-ray_drive.jpg
松下、2層50GB書き込み対応の内蔵型Blu-ray Discドライブ
アイ・オー、Blu-ray Disc書き込み型内蔵/外付ドライブ
とうとう発売が発表された、松下製コンシューマー向け第一世代ブルーレイPC用ドライブ。
DVDの時は、松下のDVD MULTIドライブ LF-D521JDを発売日に店員権限で買った俺ですが、今回は暫く様子見の方向です。まぁ、理由は簡単ですが。
ブルーレイに書き込むコンテンツが無い。これに限るでしょう。
DVD-Rの時は、テレビキャプチャ(MTV1000/2000)との組み合わせで書き込むコンテンツはたくさんありました。
また、BS放送が暗号化される前のコンテンツも、i-linkからデータを抜くことで、
Pentium4でもまともに再生するのが無理な しかし、今はブルーレイやHDDVDでコピーするはずのコンテンツがPCでは扱えない。
いまだにD3解像度でキャプチャする機器も出ない。
こんな状態でPC用を買っても、大容量リムーバブルメディア以上の用途が見つけられない。
しかし、
>1層BD-Rの「LM-BR25D」が1,800円前後、2層BD-Rの「LM-BR50D」が4,300円前後となる見込み。
25GB/1800円・50GB/4300円。1GBあたり72円・86円。
いま、300GBのSerial ATAが13000円ぐらい、1GBあたり43円。
九十九電機、カートリッジなしで使えるHDDリムーバブルケース
これでも使ったほうがましですね。
まぁ、来年辺りにはメディアの単価も下がってると思うので、その頃に再検討かなぁ・・・・・・。

コメント

漏れはCDイメージを放り込む予定。
棚一つあけられそうだよヽ(´ー`)ノ
破損コワイので2枚に書くことを想定中。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)