2006年5月31日

次世代BRAVIA考察

ソニー、1080pへの変換に対応した「DRC-MF v2.5」-「BRAVIA」新モデルに搭載。独自の映像処理技術
ソニー、地デジ高画質化を図った新画像エンジン-SD/HD混在信号も検出し、“リアリティ創造”

海外のKDL-46X2000の情報を見ている限りはスペックがあまり変わらなかったのですが、
どうも次のKDL-46X1000の後継は画像処理エンジンが大幅にバージョンアップしそう。
海外のモデルとの差異化のため型番大きく変わったりして・・・・・・。
たぶん今年中にでてくれると思っていますが、ひょっとしたらPS3と同時発売だったりして。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)